Sample

株式会社ジンテクとは     Mission of Jintech Corporation

(株)ジンテクは、2013年に半導体の熱活性(Thermal Activation of Semiconductors: TASC)を柱として設立された大学発ベンチャー企業(横浜国立大学/信州大学)で、科学技術振興機構ならびに環境省の研究助成の研究成果に基づくものです。

TASCとは半導体を350-500℃に加熱すると発現する強力な酸化効果のことで、ジンテクの創始者が2000年頃に発見した新規な現象です。

ジンテクはTASC技術を用いて、廃プラスチックの完全分解、VOC(Volatile Organic Compound)等の気体の浄化を手掛けています。

具体的には、木質バイオマス発電やグラファイトの製造工程で生成するタールの処理、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastic)の分解とリサイクル、ボンド磁石からレア・アースの回収、バイオマス発電やグラファイトの製造工程で生成するタールの処理、排気ガス・タバコ煙の浄化、有機溶剤やアンモニア等の完全浄化に取り組んでいます。

また、太陽電池パネルの解体と有価物の回収にも有効なことを実証しました。
ジンテクの特徴は、Hi-Techイメージの強い半導体を環境分野に持ち込み、基礎サイエンスに裏打ちされた“Made in Japan”のTASC技術を基に、環境分野で高性能かつ小型、安価な製品を提供することです。

 

JinTech is involved in environmental problems on the basis of our newly developed TASC technology (Thermal Activation of Semiconductors).

TASC dates back to our accidental finding in 2000 that the semiconductor exhibits no catalytic effects at room temperature, whereas significant oxidative properties appear when heated at elevated temperatures at about 350-500 °C.

Based on this technology, JinTech is working on the complete decomposition of plastic wastes and VOC (Volatile Organic Compound): more specifically, decomposition of FRPsFiber Reinforced Plastic)and their recycling, reclaim of rare earth metals from bonded magnets, complete elimination of tar formed in the process of the graphite preparation or biomass power generation, as well as of tobacco smoke, organic solvents, ammonia, etc.

ニュース・リリース:学会誌掲載

「「半導体の熱活性」法による“廃プラと廃金属”混合物の処理方法」と題する解説論文を日本工業出版の「環境循環技術」誌に投稿し、本年の11/12月号に掲載されることになりました。


ニュース・リリース:『日経産業新聞』掲載

2019年6月2日の日経産業新聞に上述の技術内容(「廃プラ 加熱して安全分解」)が掲載されました。


ニュース・リリース:特許出願

「半導体の熱活性」(TASC)法を使った、「各種廃ポリマーならびに廃金属の混合物からなる産業廃棄物の無害化処理と金属を回収するシステム」を開発し、本技術の特許出願を行いました(2019.5.21)。


ニュース・リリース:依頼講演

(社)未踏科学技術協会のSPEED分科会で下記の講演を行います。
日時:平成31年4月26日(金)(於:アルカディア市ヶ谷)16:00-16:50
演題:「バイオマス発電の“真”の問題点は何か?」
– 新規な「半導体の熱活性」法によるタール・フリーのガス化システム –
講演者:水口 仁


ニュース・リリース:英語解説論文

以下の「バイオマスのタール・フリーガス化方式」論文を“ダウンロード資料”に加えました。

A novel tar-free gasification system for biomass power generation
by means of thermally activated semi-conductors (TASC)

下記よりご覧ください。

資料のダウンロード  へ


ニュース・リリース:TASC技術のフランス語とドイツ語版追加

ホームページにTASC技術のフランス語とドイツ語の要旨を掲載しました。

下記よりご覧ください。

Résumé de la TASC-technologie en français

Zusammenfassung der TASC-Technologie auf Deutsch


ニュース・リリース:学会発表

2018年10月15-18日にイタリアのヴェニスで開催された「Venice 2018 Symposium」国際会議で下記の発表を行いました。

  1. Mizuguchi, M. Kaneko, and H. Takahashi:

A Novel Tar-Free Gasification System for Biomass Power Generation
by Means of Thermally Activated Semi-Conductors (TASC)


ニュース・リリース:論文執筆

「環境浄化技術」誌に下記の解説論文が掲載されました。

水口 仁、高橋宏雄、金子正彦:「半導体の熱活性」法:FRP端材から強化繊維の回収とそのシート化、環境浄化技術、17, No. 5, 77-81, 9・10月号 (2018).


ニュース・リリース:ベンチャー認定

2018年6月25日に、株式会社ジンテクが信州大学発ベンチャーとして認定されました:認定番号3


ニュース・リリース:招待講演

2018年2月3-4日に開催された「帝人21世紀フォーラム」で招待講演を行いました。

水口 仁:「半導体の熱活性」技術と複合材料のリサイクル


Copyright(c) 2018 株式会社ジンテク All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme